【ちんこを大きくする方法】ペニスを増大したいならコレを試せ!

「自分のペニスを大きくしたい!」

男なら一度は考えたことがあるでしょう。

私のペニスも勃起時の長さが10cmほどしかなかったので、ペニスの大きさにはずっとコンプレックスを抱えていました。

私ほど小さくなくても「できるならペニスを大きくしてみたい」と思う人は多くいるでしょう。

今回はペニスが大きくなると言われている方法と、実際にそれを試してみてどうだったのかまとめていきます。

 

ペニスを大きくするのは難しくない

多くの男性は「ペニスを大きくしたい」と思いながらも、どこかで諦めているのではないでしょうか。

以前は私もコンプレックスとして悩みを抱えているものの、一生これと付き合っていくんだろうなと覚悟していました。

しかし、今では約1年かけて8cmも大きくすることができたのです。

これってすごいことですよね!

ペニスが10cmから18cmまで大きくなるんですよ。

もちろん、私の場合はもともとが小さかったから伸び率が大きかっただけだとは思いますし

本当にこの1年はペニスの増大にいいことはなんでもやってきました。

そのため、あなたも1年頑張れば8cm大きくなるよと断言することはできません。

それでもきちんと努力さえすれば+3cmぐらいなら誰でも実現できると考えています。

 

手術で大きくする

オススメ度 ☆☆

意外かもしれませんが、ペニスが手術で大きくすることができます。

やり方は主にこの3つです。

  • 埋まっている部分を引っ張り出してきて固定する
  • 下腹部の脂肪を除去する
  • ヒアルロン酸などを注入する

 

メリット

手術でペニスを大きくする方法の一番のメリットは手っ取り早く効果が得られるということです。

他の方法ですとどうしても時間がかかってしまいます。

そんな中、手術をすることでその日のうちに大きくすることができます。

毎日の努力などがめんどくさくて続けられない人にとってはこの点は魅力的ですね。

 

デメリット

ペニスを手術で大きくするデメリットはたくさんあります。

  1. ペニスを大きく見せているだけの場合がある
  2. 費用が高額
  3. ペニスを手術するという恐怖心やリスクがある
  4. 思っていた効果が得られないことも

まず大事なことが手術の方法で説明した上2つのやり方はペニスを大きくするというよりも、ペニスを大きく見せる方法になります。

見えていなかった部分を見せるようにするだけなので、ペニス自体は大きくなりません。

また、ペニス増大の手術は安くても10万円ほど、高ければ50万円ほどかかります。

それ以外にもペニスを手術して失敗した時はやはり取り返しのつかないことになる恐れがあります。

手術痕が残ったりするケースもあるので、手術をしてペニスを大きくするのはお勧めできません。

 

チントレで大きくする

オススメ度 ☆☆☆☆

チントレで大きくする方法は主に3つです。

  • PC筋を鍛える
  • ミルキング
  • ジェルキング

PC筋を鍛える方法は簡単で、5秒間肛門を閉じるのを繰り返す方法です。

これによって勃起力も上がったりするので一番手軽でオススメになります。

ミルキングはペニスを半勃起させて、根元から牛の乳搾りの要領で握っていく方法です。

ジェルキングは人差し指と親指で輪っかを作って、根元から血流を流すように先端にスライドさせる方法です。

 

メリット

チントレのメリットは誰でも簡単に、お金をかけずに始められることです。

病院に行く必要もないですし、何かを購入する必要もありません。

自分で寝る前などに行うだけになります。

また、チントレを長期間することで実際にペニスを大きくすることができたという報告がたくさんあります。

 

デメリット

チントレのデメリットは何と言っても時間がかかってしまうことです。

数ヶ月あるいは1年ぐらいかけてやっと1cm、2cm大きくなる程度でしょう。

そのため根気よく続けなければなりませんし、目を見張るような効果は期待できません。

それでも適度にチントレをすることはペニスにいい影響が出るのは間違いないので、オススメになります。

 

器具で大きくする

オススメ度 ☆☆☆

世の中にはペニスを大きくする器具というものがあります。

仕組みは簡単で、ポンプのような増大器具をセットするとペニスが引っ張られていきます。

これによって徐々にペニスを引っ張り出していこうというものです。

 

メリット

増大器具は基本的につけているだけで引っ張ってくれるので、何か努力することも特にありません。

多少の違和感はありますが、それだけでペニスが大きくなるのは嬉しいですね。

実際に大きくなったという報告も多くあるので試して見る価値はあります。

 

デメリット

増大器具は人によっては痛みを感じたりします。

また、間違ったやり方や長くつけていると皮だけが伸びたり、血が出てきたりもします。

それによって包茎がひどくなったりするリスクがあるので注意しましょう。

増大の効果もそれほど大きなものではなく、これも長く続けて1cm〜3cm程度なのでそれなりに続ける必要があります。

興味があれば無理のない程度に一度試してみてはいかがでしょうか。

 

サプリで大きくする

オススメ度 ☆☆☆☆☆

サプリを飲むことでペニスを増大させようという方法です。

主にシトルリンやアルギニンなどの効果によって血流を良くして、ペニスに流れる血液量を増やす効果や

成長ホルモンの分泌を促進したりする効果があります。

その他にもマカや亜鉛など精力増強の成分が多数含まれているのが特徴です。

 

メリット

なんといっても増大効果が大きいのがメリットです。

私もサプリを服用することでペニスを大きくすることができたので、これは間違いありません。

また、サプリを飲むだけなので副作用の心配なども特にありません。

 

デメリット

サプリを服用するデメリットはやはりお金がかかってしまうことです。

1ヶ月5000円〜1万円ほどはかかります。

また、効果を実感し始めるのに3ヶ月ほどかかる人も多くいるので、それまでは効果が実感できなくても続ける必要があります。

それ以外にもサプリにも当たり外れがあるので、変なサプリを選ぶとペニスを大きくする効果がないこともあります。

 

そのため、私が飲んでいたサプリとそれの体験談を紹介するので参考にしてみてください。

【ゼファルリンは効果なし⁉︎】口コミ・評判と10ヶ月服用した増大の結果とは