【早漏男子必見】自分で早漏を改善・克服する方法!原因別でコツを紹介

男性でペニスについての悩みを持っている人は少なくありません。

あまり人に言えることではないので自分だけかと思ってしまいがちですが、アンケートやネット上などからペニスについて悩みを抱えている人が多いのが分かります。

その中の一つとして早漏が挙げられます。

早漏だと女性を喜ばせることが難しく、自分自身が満足できるような営みもできません。

また、早漏を気にするあまり性行為が苦痛になってしまうこともあります。

そのため、今回はそのような早漏で悩んでいる方に向けて『どのようにすれば改善・克服できるのか』を説明していきます。

 

早漏とは

早漏とは知っている方も多いかと思いますが、ペニスを挿入してから射精に至るまでの時間が極端に短い人のことを指します。

Wikipediaではこのように説明されています。

早漏(そうろう)とは、性交時の射精に至るまでの時間が本人の意思に反して過度に短くなることをいう。

引用:Wikipedia

正確な時間については『○分以内』などはあまり決められていません。

しかし、日本人のペニスの挿入時間の平均が約15分であることを考えると、挿入してから5分もたない人は早漏だと考えるべきでしょう。

 

早漏になる原因とは

『早漏』と一言で表現しても、その原因は多岐にわたります。

その中でも大きく分けて2つに分けられます。

  • 心因性
  • 過敏性

あなたがどちらの早漏なのかを知ることで、それに対する改善策も変わってきます。

 

心因性の早漏

心因性の早漏とは簡単に言うと「精神的なところに原因があって早漏になっている人」と表現できるでしょう。

具体的にはストレスを激しく受けている時に早漏になってしまう人がいます。

その他にも女性をあまりに綺麗なものと思うあまり、興奮しすぎて暴発してしまうケースもあります。

自分ではあまり気づきにくいかもしれませんが、もしあなたが早漏なのであれば一度疑ってみてください。

そうすることで改善のきっかけになります。

 

過敏性の早漏

早漏のもう一つの原因が過敏性です。これは「ペニスへの刺激を敏感に感じ取って早漏になっている人」と表現できます。

つまり、挿入することで亀頭などに与えられる刺激に慣れておらず、その刺激に耐えられなくなってしまう人のことです。

特に普段は皮を被っている包茎の人にこの傾向が強くあります。

包茎でない人は普段から亀頭はパンツと擦れていたりすることで刺激には強くなっています。

しかし、包茎の人は勃起時にしかあらわにならないので、その刺激に慣れていないことが原因です。

 

心因性の早漏を克服するコツ

心因性については考え方や心の持ちよう、余裕などでガラッと改善されたりもするので改善のきっかけになればと思います。

 

早漏であることを先に伝えておく

心因性の早漏の人は性行為の時に「長持ちさせないと」と自分を追い詰めてしまうことが多々あります。

それ以外にも知らず知らずのうちに「相手を満足させないと」と気負いすぎている部分もあるかもしれません。

改善の第一歩として、まずはその荷物を下ろしてみましょう。

性行為を始まる前、あるいはペニスを挿入する前に「早漏だけどごめんね」と伝えておくことで相手は理解してくれます。

やはり、何も言わずに早漏だった場合と先に相手に伝えている場合とでは相手の反応も違ってきます。

そして、何よりもあなたの心の持ちようが一気に変わるのでかなり強がらずに素直に伝えることが大事になるのです。

 

ひたすら経験を積む

これは少し荒療治になりますが、どうしても女性との性行為に興奮しすぎてしまう場合や

気持ちに余裕が持てない場合は性行為の経験をひたすら積み上げていく方法があります。

やはり、男なら誰しも経験が少ないときほど余裕がありません。

しかし、経験を重ねていくことで女性と肌を重ねている時の気持ちのあり方なども変わってきます。

早漏のまま経験を積むことは難しいかもしれません。恥ずかしさもあるでしょう。

それでもその恥ずかしさなどが消し飛んだ時に早漏の改善が待っているのかもしれません。

 

過敏性の早漏を改善するコツ

早漏の方で多いのがこの過敏性です。

先ほども説明したように、包茎の人に多いという特徴があるので一度確認してみてください。

 

ペニスを鍛える

一番てっとり早い方法が自分でペニスの亀頭などを刺激して鍛えることです。

特に包茎の人はあまり亀頭の刺激には慣れていません。

そのような状況で性行為を行っても早漏になってしまうのはある意味仕方のないことなのです。

そのため、性行為に向けて自分の手などでペニスを刺激してみて、その刺激に慣れることで早漏を改善することができます。

 

包茎を治す

根本的な解決法としては包茎を治すことが挙げられます。

もちろん、これは包茎ではなくて過敏性の早漏である方には関係のない方法になります。

包茎を治すことで普段からペニスへの刺激を多く受けるようになります。

そうすると、包茎であることが早漏の原因になっている方の場合はこれだけで時間が解決してくれるようになるのです。

具体的な方法としては以下があります。

  • 手術
  • 器具
  • 増大サプリ

 

番外編:早漏を対策する方法

早漏を改善する方法ではありませんが、いざという時に早漏になってしまわないようにする方法はあります。

その方法を2つ紹介していきます。

 

コンドームを厚くする・重ねる

ペニスの亀頭への刺激が強い人はその刺激を弱めることで早漏を対策することができます。

その一つの方法としては厚いコンドームをつけるか、あるいはコンドームを重ねることで厚みを増す方法があります。

もちろん薄いコンドームを使用した方が気持ち良いのは間違い無いでしょう。

しかし、早漏対策ということを考えるのであればこの方法が一番実用的なやり方になります。

 

一度抜いておく

そして、もう一つの方法が性行為の前に一度自分で抜いておくことです。

先にマスターべーションなどをして自信で抜いておくと、ペニスも鈍感になりにくくなります。

また、気持ちも賢者タイムに入ったりして性に前のめりになりすぎなくなります。

この方法はいざというときに勃起しなくなってしまう可能性があるので、性行為の何時間前に抜いておいたら本番でも問題なく勃起するのか。

これを見極めてから試すことをお勧めします。

 

早漏の改善に増大サプリは効果あり?

ここからはあくまで私の個人的な意見ですが、増大サプリというペニスを大きくするサプリで早漏を改善することが期待できます。

その仕組みは簡単です。

もしあなたが包茎であるのであれば、増大サプリでペニスが大きくなると包茎が徐々に改善されていきます。

そうすると何度も言うように亀頭に刺激がいくようになり、徐々にその刺激に慣れていきます。

 

また、増大サプリは精力増強の効果も期待できるので早漏であるなら絶倫を目指すという方法があります。

女性は早漏であっても何回もできる絶倫であれば満足させることができます。

むしろこのような男性は非常に重宝されます。

そのため、ペニスの増大と精力の増強の2つを狙って増大サプリを服用することをお勧めします。

最後に、私が増大サプリを服用した時の体験談を紹介しておきます。